トランプ政権 「インド太平洋」経済圏で中国の「一帯一路」と対決

前の写真へ
 ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、中国の王毅外相(左)に握手を求めるポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)

 ASEAN地域フォーラム閣僚会議で、中国の王毅外相(左)に握手を求めるポンペオ米国務長官=4日、シンガポール(共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権は今回の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合で、激化する米中の「貿易戦争」を視野に、インド太平洋地域で米国主導の「自由で開かれた」経済圏の確立に向け、中国が進める「一帯一路」構想と対決していく姿勢を明確に打ち出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ