7月4日までに成人7割へワクチン接種 米大統領が新目標

 【ワシントン=住井亨介】バイデン米大統領は4日、ホワイトハウスで演説し、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐる新たな目標を発表した。7月4日の独立記念日までに成人の70%に少なくとも1回の接種を受けさせることと、1億6千万人の接種完了を掲げた。

 バイデン氏は「2カ月後には国の独立とウイルスからの独立を祝おう」と述べ、さらなるワクチン接種を促した。

 米疾病対策センター(CDC)によると、3日時点で少なくとも1回のワクチン接種を受けた18歳以上の成人は56・3%にあたる1億4500万人超。ただ、接種ペースは低下しており、集団免疫を獲得できるとされる接種率7割の到達に向けて足踏み状態となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ