G7外相会合開幕 初日はイラン、北朝鮮問題を議論

 【ロンドン=板東和正】先進7カ国(G7)外相会合が英ロンドンで3日夜に開幕した。5日まで対面形式で行われる。権威主義を強める中国やロシアのほか、国軍がクーデターで実権を握ったミャンマーへの対応について議論する。G7が民主主義陣営として結束した立場を打ち出せるかが焦点となる。

 G7外相会合は昨年、新型コロナウイルス流行の影響でオンライン形式だったため、対面での開催は約2年ぶりとなる。会合には茂木敏充外相やブリンケン米国務長官らが参加した。最終日に共同声明を発表する見通し。

 初日は夕食会を兼ねてイランや北朝鮮の問題について協議した。北朝鮮核問題の解決を目指し、国連安全保障理事会決議の完全な履行が必要との認識で一致した。茂木氏が北朝鮮による日本人拉致問題の即時解決に向けた協力を要請し、各国が賛同した。

 英政府などによると、4日はミャンマーの情勢について協議し、議長国の英国が国軍関係者らに対する制裁の拡大などを各国に要請する見通し。ロシアがウクライナ国境付近で戦力を増強させている問題や反体制派指導者ナワリヌイ氏の毒殺未遂事件などへの対応についても議論する。

 4日の夕食会では、ゲスト国として招かれたインドや韓国、オーストラリア、南アフリカ、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のブルネイも参加し、インド太平洋地域での連携強化を確認。気候変動に対処する協力関係の構築についても話し合う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ