露反体制派ナワリヌイ氏、死の危機に 支援者ら21日に全国デモ

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアの反体制派指導者、ナワリヌイ氏=収監中=の体調が悪化している。ナワリヌイ氏は刑務所内でハンガーストライキを行っていたが、血液検査の結果を見た複数の医師が「いつ死亡してもおかしくない」との見解を公表。これを受け、ナワリヌイ氏が主宰する団体は18日、釈放を求める全国デモを21日に行うと発表した。政権側は19日、ナワリヌイ氏の医療施設への搬送を決定したが釈放には応じない構えだ。

 ナワリヌイ氏は2月、過去の事件をめぐり禁錮2年6月を言い渡され、モスクワから約100キロの刑務所に収監された。同氏は支援者を通じ、収監後の体調悪化で医薬品や医師の診療を求めたが、刑務所側が応じなかったため、3月末、待遇改善を求めてハンストに入ると明らかにした。

 ナワリヌイ氏を支援する医師団のアシフミン医師は4月17日、フェイスブック上で、ナワリヌイ氏の親族から入手した15日付の同氏の血液検査結果について「血中カリウム濃度や尿酸値が非常に高く、腎臓病が進行している可能性がある」とし、いつ心不全が起きてもおかしくないとの見解を表明。医師団の別の医師も同じ見解を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ