電動車市場 中国ITの参入で戦国時代 日系はHVに強み 上海モーターショー 

 世界有数の自動車展示会である上海国際モーターショーが19日、開幕した。今回のショーで目立つのは、中国政府が普及を後押しする電気自動車(EV)など電動車の出展。伝統的な自動車メーカーのほか、IT業界からの新規参入も相次ぎ、世界最大の自動車市場の成長分野をめぐる戦国時代さながらの様相だ。日系メーカーは強みを持つハイブリッド車(HV)を含めて中国市場攻略を図るが、日本市場では中国メーカーの存在感が高まる兆しも出ている。(宇野貴文、上海 三塚聖平)

 「トヨタ自動車は、どの地域よりも電動化がスピーディーな中国で普及拡大に取り組んできた」

 トヨタの前田昌彦執行役員は、会場で行われた発表会のビデオメッセージでこう強調した。

 中国は、2035年までに従来型のガソリン車を、EVやハイブリッド車(HV)に置き換える方向性を示す。習近平国家主席が昨年、60年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする目標を表明したことが背中を押しており、トヨタなど国内外のメーカーが競って新型EVを発表している。

 足元で目立つのが中国IT大手の新規参入だ。3月末には、スマートフォン大手の小米科技(シャオミ)がEV事業を担う完全子会社の設立を発表。今後10年間で総額100億ドル(約1兆1千億円)の投資を見込む。通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)も18日、自動車メーカー向けの新技術を発表し、自動車関連事業の強化方針を示す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ