英政府 アストラゼネカワクチン接種 30歳未満への接種見送り 

 【ロンドン=板東和正】英政府は7日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの接種後に血栓ができる症例が報告されている問題を受け、30歳未満への使用を見送り、別のワクチンを接種する方針を示した。アストラゼネカのワクチンを接種した若年層に血栓症の発生率が高いことが判明したためため。欧州連合(EU)当局は同日、血栓について接種後の「非常にまれな副反応」であることを認めた。

 英医薬品規制当局によると、英国で約2千万人が3月末までに同ワクチンを接種し、79人に副反応とみられる血栓症が出た。そのうち、19人が死亡した。

 血栓症になったのは接種者100万人に約4人の確率に相当するという。19人のうち11人は50歳未満で3人は30歳未満だった。

 英政府に予防接種の方針を助言する独立委員会は今月7日の声明で「血栓症の発生率は年齢が下がるにつれて増加する傾向がある」と指摘。30歳未満について、他社製のワクチンを接種するよう勧めた。30歳以上に関しては「接種の利益が(副作用の)リスクを上回る」とした。

 ジョンソン英首相は7日、自身のツイッターで、「(独立委の)勧告に従い、全ての年齢層がワクチンに信頼を持てるようにする」と表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ