韓国「強いおわび」求める 1990年、天皇訪韓招請に絡め

 韓国外務省は29日、1990年ごろの外交文書を公開した。同年5月の盧泰愚(ノ・テウ)大統領(当時、以下同)の訪日に先立ち、植民地支配に絡んで昭和天皇が84年の全斗煥(チョン・ドファン)大統領訪日時に表明した内容よりも「具体的で強い」おわびの表明を、天皇陛下(現在の上皇さま)が行うよう日本に求める方針を立てていたことが分かった。

 内容に満足できた場合、盧氏が日本滞在中に陛下の訪韓を招請することも計画していた。陛下は盧氏を迎えた宮中晩さん会のあいさつで「痛惜の念」を禁じ得ないとのお言葉を述べられ、盧氏は訪韓を招請。韓国は表明に満足していたとみられる。

 その後、旧日本軍の慰安婦問題などの歴史問題が拡大し、天皇訪韓は実現していない。

 90年4月下旬に作成された対日外交に関する報告書類の参考資料として天皇関係の「交渉指針」が公開された。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ