米中外交トップ会談始まる ブリンケン国務長官「中国はルールに基づく秩序脅かす」と警告

 【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米政権の外交・安全保障政策を主導するブリンケン国務長官とサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は18日、アラスカ州アンカレジで中国の外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けっち)共産党政治局員、王毅国務委員兼外相との会談を2日間の日程で開始した。米国は国際秩序の維持に向け中国に態度変更を迫ったものの、中国は応じない構えを示し、今後の米中「新冷戦」の先鋭化をうかがわせる展開となった。

 バイデン政権下で米中外交トップが直接会談するのは初めて。

 ブリンケン氏は会談の冒頭、新疆ウイグル自治区での人権侵害や香港での民主派弾圧、台湾情勢、米国に対するサイバー攻撃や同盟諸国に対する経済的威迫などを議題として提起すると述べ、「中国による一連の行動は、世界の安定維持の役割を果たす『ルールに基づく秩序』を脅かしている」と批判した。

 また、「ルールに基づく秩序に代わるものは『力の正義』や『勝者総取り』の世界であり、世の中ははるかに暴力的で不安定となる」と警告した上で、米国が民主主義諸国・地域を主導し国際秩序の強化に関与していくと表明した。

 これに対し楊氏は、米中両国には「世界の平和と安定に対する重大な責任がある。気候問題と経済回復は共通の関心事項だ」としつつ、「米国には米国の、中国には中国の様式の民主主義がある」と主張。また、ウイグルや香港、台湾については「内政問題だ」として米国の介入を強く牽制(けんせい)した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ