ブリンケン国務長官と中国外交トップがアラスカで直接会談へ

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省は10日、ブリンケン国務長官とサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が18日に西部アラスカ州アンカレジで中国外交担当トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)・共産党政治局員および王毅国務委員兼外相と会談すると発表した。

 バイデン政権発足後、米中の高官が直接接触するのは初めて。ブリンケン氏らは15日~18日の日韓歴訪後、ワシントンに戻る際の経由地のアンカレジで楊氏らと会うことにした。

 ブリンケン氏は10日、下院外交委員会の公聴会で会談について「米国および同盟諸国の安全や繁栄、価値観に挑戦する中国の言動に対して私たちが抱く数多くの懸念に関し、率直に表明する重要な機会となる」と位置付けた。

 米中関係は、トランプ前政権が従来の関与政策を修正し、中国に厳しく対処していく立場に方向転換したのを受けて一気に冷却化した。バイデン政権は前政権の対中強硬路線を基本的に継承していく考えだ。

 ブリンケン氏は香港での民主派弾圧や新疆ウイグル自治区での人権侵害、東シナ海や南シナ海での覇権的な軍事行動などに関し懸念を伝達するとみられる。

 また、米中の経済分野でのせめぎ合いで「公平な競争の機会が確保され、米国の企業や労働者が確実に恩恵を受けられるよう中国と協議していく」とも強調した。一連の懸念表明に対する中国側の出方を見極める考えも明らかにした。

 同氏は一方で、今回の会談は「戦略対話ではない」と述べ、米中関係の進展や何らかの成果を期待して個別分野での提案を行うものではないと指摘し、バイデン政権の懐柔を目指す中国を牽制した。

 ブリンケン氏は楊氏と2月5日に電話会談し、インド太平洋地域の安定を脅かす中国の責任を追及するため同盟諸国と連携していく考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ