習主席が描く台湾攻略とバイデン政権4年間の脅威 「『いつあるか』念頭に日本の将来に危機感を」門田隆将氏と石平氏、共著で警告

 ジョー・バイデン米政権が誕生してから、習近平国家主席率いる中国共産党政権の突出行動が目立っている。1月23、24日には、台湾の防空識別圏(ADIZ)に中国軍の戦闘機や爆撃機など計28機を進入させ、今月1日には沖縄県・尖閣諸島周辺に連日出没する海警局公船に武器使用を認める海警法を施行した。6日午前には、中国公船2隻が尖閣周辺の日本領海に侵入し、日本漁船に急接近した。こうしたなかで、作家でジャーナリストの門田隆将氏と、中国出身の評論家、石平氏による新刊『中国の電撃侵略 2021-2024』(産経新聞出版)が注目されそうだ。今後4年間、世界が直面する脅威について、門田氏と石平氏に聞いた。

 話題の新刊は、最大級の危機感を共有する2人が、中国による「自由への攻撃」に渾身(こんしん)の警告を行っている。「自由主義圏の危機」を実感として理解できる一冊(8日発売予定)だ。

 まず、危機の核心は、バイデン大統領自身にある。中国に融和的姿勢を取り続けたバラク・オバマ政権で副大統領を8年間も務め、次男には中国疑惑が指摘されている。

 バイデン氏は4日、就任後初めて外交政策の演説をした。中国について、人権侵害や知的財産窃取などは批判したが、「米国の国益にかなうのであれば、協力する用意がある」などと述べ、懸念されていた「親中派」の顔をのぞかせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ