習主席のあきれた“厚顔演説” 繰り返す尖閣侵入も…世界の「分裂や対立」を憂いてみせ、人権侵害に対する抗議には「内政干渉」と一蹴

【日本の選択】

 中国の習近平国家主席が25日、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム(WEF)」が主催するオンライン会合「ダボス・アジェンダ」で行った講演が注目されている。直前の23、24日、中国軍の戦闘機など計28機を台湾の防空識別圏に進入させておきながら、ドナルド・トランプ前米政権の対中強硬姿勢を批判し、ジョー・バイデン米政権を試すかのように「協調」を呼びかけたのだ。何たる詭弁(きべん)か。ただ、バイデン政権内からも「戦略的忍耐」という、オバマ政権で失敗した外交キーワードが飛び出した。政治学者の岩田温氏は、あきれる習講演を考察した。

 中国の習主席は25日、「ダボス・アジェンダ」にオンライン参加し、講演した。明らかにバイデン米大統領を意識したうえで、「デカップリング(切り離し)や制裁を行えば、世界を分裂や対立に向かわせるだけだ」と説く一方で、「(国家間の)違いを尊重し、他国の内政に干渉すべきでない」とも説いた。

 「盗人猛々しい」恥ずべき言葉だと言わざるを得ない。

 まず、思い起こしてみるべきは、新型コロナウイルスの初期対応である。仮に、中国が自国の体裁や体面にこだわらず、発生当初から正直に情報公開していたのならば、世界全体で210万人以上の死者が出るほど、各国の対応が遅れることがあっただろうか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ