755本塁打のハンク・アーロン氏死去、86歳

 米大リーグのブレーブスで活躍し、メジャー歴代2位の755本塁打を放ったハンク・アーロン氏が死去した。86歳。米CBSニュース電子版が報じた。

 アーロン氏は1954年にデビューし、メジャーで23年間プレー。74年、ベーブ・ルースの持つ当時の本塁打世界記録(714本)を39年ぶりに破った。4度の本塁打王に輝き、82年にアメリカ野球殿堂入り。6856塁打、2297打点は現在もMLB歴代最高記録となっている。

 引退後は王貞治氏とともに世界少年野球大会の開催を提唱、創設するなど野球振興に尽力した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ