「米国の指導力が不可欠」 バイデン氏の就任を英首相が歓迎

 【ロンドン=板東和正】英国のジョンソン首相は20日、自身のツイッターで、米大統領に就任したバイデン氏に祝意を示し、「一緒に仕事ができることを楽しみにしている」と歓迎した。また、「気候変動から新型コロナウイルスといった重要な問題で米国のリーダーシップは不可欠だ」と訴えた。

 女性、黒人、アジア系として初めて副大統領に就任したハリス氏に対しても、ジョンソン氏は「歴史的な就任だ」とたたえた。

 ジョンソン氏は、バイデン氏が連邦議会議事堂で宣誓して就任したのとほぼ同時刻に投稿した。

 ラーブ英外相も同日、バイデン氏の就任を受けて、ツイッターに「歴史的な日だ」と投稿した。「(米国と英国は)緊密な絆と特別な関係を共有している」とも強調。気候変動や貿易、安全保障の問題で連携する考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ