バイデン米大統領就任演説全文(中) 「お互いの声を聞こう」「すべての米国人の大統領に」

 私たちは、キング牧師が夢を語った偉大なナショナル・モールを望む場所に立っている。私たちは、108年前の(ウィルソン大統領の)就任式で、投票権を求める勇敢な女性たちの行進を数千人の抗議者が阻止しようとした場所に立っている。そして今日、米国史上初めて国政の府に選出された女性、カマラ・ハリス副大統領の宣誓を目の当たりにした。変革は不可能だなんて言わないでくれ!

 私たちは、最後に最大限の献身をした英雄たちが永遠の眠りにつくアーリントン国立墓地からポトマック川を渡った場所に立っている。そして私たちは、人々の意思を黙らせ、民主主義の働きを止め、この神聖な土地から追い出すためには暴力を用いても構わないと暴徒たちが考えた日からほんの数日後に、ここに立っている。そのたくらみは実現しなかった。これからも決して実現しない。今日も明日も。決してだ。

 私たちの選挙運動を支援してくれたすべての人たちよ、私はあなたがたが私たちに示した信頼に恐縮している。私たちを支援しなかったすべての人たちよ、言わせてほしい。私たちが前進する中で私の言葉に耳を傾けてほしい。私と私の心を判断してほしい。

 もしなおも反対するのであれば、そのままでいい。それが民主主義だ。それが米国だ。私たちの共和国の枠の中で平和的に異論を唱える権利。それがおそらくこの国の最も偉大な強さだ。でもよく聞いてほしい。反対することが分裂につながるべきではない。

 私はあなたがたに誓う。すべての米国人のための大統領になることを。私は約束する。私を支持してくれた人たちのためにと同じように、不支持だった人たちのために戦うと。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ