バイデン第46代米大統領が就任「結束取り戻す」 分断克服、コロナ対策に全力 国際協調回帰も宣言

 【ワシントン=塩原永久】米大統領選で勝利した民主党のジョー・バイデン氏(78)が20日(日本時間21日未明)、首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第46代大統領に就任した。就任演説で「米国民に結束を取り戻す」と述べ、社会の分断を克服し、新型コロナウイルス対策に全力をあげる考えを表明。「同盟を修復して再び世界に関与する」と国際協調外交への回帰も宣言した。

 上院議員だったカマラ・ハリス氏(56)も宣誓し、女性、黒人として初めて副大統領に就任。バイデン氏は政権幹部の登用で人種や性別をめぐる多様性を打ち出している。

 バイデン氏は演説で「民主主義は壊れやすいが、勝利を収めた」と語った。共和党のトランプ前大統領(74)を支持する白人至上主義者らが、連邦議会議事堂に乱入した事件を乗り越え、平和的な政権移行を実現したとたたえた。

 新型コロナが「1年間で第二次大戦と同じくらいの米国人の命を奪った」と述べ、コロナ危機克服を優先すべきときだと強調した。そのうえで、白人至上主義や過激主義に「われわれは立ち向かい、打ち勝つだろう」と融和を訴えた。改めて「すべての米国民の大統領になる」とも強調した。

 また、「世界平和や安全をめぐり米国は力強く信頼されるパートナーになる」と指摘。「米国第一」を唱えるトランプ政権下で強まった孤立主義的な傾向から脱却する姿勢を示した。

 就任式には欠席したトランプ氏に代わり、ペンス前副大統領(61)が参加した。議事堂襲撃を受けてワシントンの中心部が封鎖され、2万数千人の州兵が展開する厳戒態勢が敷かれた。就任式後に新大統領が行う恒例のパレードも大幅に縮小され、バイデン氏は大統領車に乗ったまま一般道のルートを移動した。

 20日午後にホワイトハウスに入ったバイデン氏は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」復帰などに関する十数本の大統領令に署名する。イスラム圏からの入国規制を破棄するほか、環境規制緩和を撤回するなどして、トランプ政権からの政策転換を進める。政権幹部によると、就任から10日間で、さらに多数の大統領令を出す計画だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ