欧州がバイデン氏就任を歓迎 EU「新しいスタート」

 【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は20日、バイデン米大統領の就任を歓迎し、「欧州は新しいスタートを切る用意ができている」と声明で呼びかけた。

 フォンデアライエン氏はバイデン氏の就任直前、欧州議会で演説し、米新政権と「共通の価値観」に基づいて、地球温暖化対策、公衆衛生、デジタル化などの課題に共に取り組む意欲を示した。

 ドイツのシュタインマイヤー大統領は声明で、バイデン政権の発足は「国際社会の協力復活に希望を与えた」とたたえた。トランプ前大統領の支持者による連邦議会議事堂襲撃を乗り越え、就任式が無事に行われたことで、「今日は民主主義にとって良き日になった」と評価した。

 フランスのマクロン大統領は20日、ツイッターで、バイデン政権に向けて、「地球温暖化対策のパリ協定復帰を歓迎する。おかえりなさい!」と述べた。

 ローマ教皇フランシスコはバイデン大統領に向けた声明で、「あなたのリーダーシップの下、米国が建国以来掲げてきた政治、倫理、宗教の価値観により、米国人が力づけられるように」と期待を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ