トランプ氏の評価 中国「わがまま」、イスラエル「感謝」 露ではもう過去の人

ブラックリスト

 20日付のロシア主要各紙はトランプ氏の特段の振り返りや評価記事を掲載しなかった。ロシアでは、ロシアを「敵」と呼ぶバイデン米新政権がどのような対露政策を取るかという点に関心が集まっており、トランプ政権は既に「過去」となっている。イタル・タス通信は20日、ゴルバチョフ・ソ連初代大統領の米露関係についてのインタビュー記事を配信した。

 イラン外務省報道官は19日、トランプ氏とポンペオ国務長官ら米閣僚数人について、「テロリストであり、非人道的」だとして、ブラックリストに載せたと発表した。一方、トランプ政権と親密な関係を築いたイスラエルのネタニヤフ首相は17日の閣議で、「力強い行動」を取ったとしてトランプ氏に謝意を述べた。イスラエル政府のメディア当局が発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ