バイデン氏の「お友達政権」 安定感と硬直性のジレンマ

 バイデン米新大統領は、上院議員時代からの腹心や副大統領時代に重用した人物らを政権中枢に据えた。トランプ前政権で閣僚らの更迭や辞任が相次いだのを念頭に、経験と安定感を重視した形だ。互いをよく知る「お友達政権」(米メディア)ゆえに活発な議論が生まれにくかったり、過去の経験則に縛られたりして、中国の急速な台頭などで大きく変化する世界情勢に柔軟に対応できないのではないかとの懸念もある。

 バイデン氏が、自身のブレーンとなる大統領首席補佐官にロン・クレイン氏(59)を選んだことが、人事の傾向を物語る。

 クレイン氏は、バイデン氏が上院司法委員会に属していた1980年代からの側近。バイデン氏が挑んだ過去の大統領選でもアドバイザーを務め、オバマ前政権では副大統領首席補佐官としてバイデン氏を支えた。同氏はクレイン氏を「私にとって計り知れない価値がある」と絶賛。互いを知り尽くした仲だ。

 バイデン氏が特に期待しているとみられるのが、新型コロナウイルス禍への対応と、経済回復に向けた手腕だ。クレイン氏は2008年のリーマン・ショック後の経済政策の取りまとめに大きな役割を果たしたとされるほか、14年にはエボラ出血熱の感染防止対策を取り仕切った経験がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ