中国、米の混乱横目に3日連続で尖閣領海侵入 昨夏には米軍と共同訓練で漁船団の襲来阻止、バイデン次期政権でも「日米同盟の絆」示されるか

 米下院本会議は13日、ドナルド・トランプ大統領が「反乱を扇動」して支持勢力に連邦議会議事堂を襲撃・占拠させたとし、罷免を求める弾劾訴追決議案を賛成多数で可決した。決議は上院に送られ、上院本会議で弾劾裁判が開かれる。米国の混乱を横目に、中国海警局の武装公船などは15日までの3日連続で、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に侵入した。尖閣周辺では昨年夏、中国漁船団が大量襲来するとの情報があり、米軍と自衛隊の共同訓練でこれを阻止した。対中融和姿勢が懸念されるジョー・バイデン次期政権でも、「日米同盟の絆」は示されるのか。

 「今年に入っても、中国公船の領海あるいは接続水域への侵入が続いていることは誠に遺憾であり、政府として断じて容認できない」

 加藤勝信官房長官は14日午前の記者会見で、こう断言した。外交ルートを通じて中国側に厳重に抗議したことも明らかにした。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、中国海警局の船1隻が14日午前7時15分ごろ、尖閣周辺の領海に侵入し、航行中の日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せた。海上保安庁の巡視船が漁船を保護するとともに、中国公船に領海から退去するよう繰り返し要請したという。

 同本部は15日朝も、中国公船の領海侵入を確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ