独与党党首選、3氏の争い メルケル後継、選出曲折も

 ドイツのメルケル首相の保守与党、キリスト教民主同盟(CDU)は16日、党首選を行った。メルケル氏に批判的な2人と、親メルケル氏の州首相による三つどもえの争い。当選者は9月の総選挙後に引退するメルケル氏の有力後継候補となるが、新型コロナウイルス対策で名を上げた姉妹政党の党首を推す声もある。

 出馬したのはメルツ元党下院議員団長(65)、レトゲン元環境相(55)、西部ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット州首相(59)。メルツ氏は保守派の代表格で、リベラルな政策を進めたメルケル氏を批判する。レトゲン氏もメルケル氏に批判的。同氏に近いラシェット氏はリベラル路線の継続を訴える。

 一方、姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)党首でコロナ対策に手腕を示す南部バイエルン州のゼーダー州首相(54)が世論調査で1番人気。CSUからは過去2回、両党統一の首相候補が出ている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ