トランプ氏支持率 過去最低の29% 共和党の支持離れ目立つ

 【ワシントン=黒瀬悦成】米調査機関ピュー・リサーチ・センターは15日、トランプ大統領の支持率が過去最低の29%になったとする全米世論調査の結果を発表した。また、68%は退任後のトランプ氏が国政で重要な役割を果たしてほしくないと回答した。

 調査は8~12日に実施され、6日に起きたトランプ氏の支持勢力による連邦議会議事堂襲撃・占拠事件が影響した。

 調査では、警官1人を含む5人が死亡した議事堂での暴動に関し、全体の75%が「トランプ氏に責任がある」と答えた。このうち「大いに責任がある」としたのは52%だった。

 共和党支持者の間では何らかの形で「責任がある」と答えたのは52%に上った一方、「一切責任がない」との回答も46%だった。

 一方、トランプ氏の支持率は昨年8月実施の前回調査での38%から9ポイント下落した。特に、出身母体である共和党支持者の間での支持率が前回調査から17ポイント減の60%に落ち込んだことが影響した。

 これまでの調査で同氏の支持率は45%から36%の範囲に収まっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ