NY市長選にアジア系のヤン氏が出馬表明 民主党の有力候補

 今回の米大統領選に向けた民主党候補指名争いで善戦したアジア系実業家アンドルー・ヤン氏(46)は14日、ニューヨーク市内で演説し、同市長選への立候補を正式に表明した。6月の党予備選を経て、11月の本選で2期目を終える同党のデブラシオ市長の後継を争う。ヤン氏は、約30人が名乗りを上げる中、有力候補の一人と目されている。

 ヤン氏は演説で、新型コロナウイルス感染拡大で「ニューヨークは危機にひんしている」と強調し「立て直しには大胆なアイデアが必要だ」と訴えた。新型コロナ対策が最大の焦点となる。

 ヤン氏はニューヨーク州出身で両親は台湾からの移民。コロンビア大法科大学院などで学んだ後、雇用創出を支援する非営利団体のトップなどを務めた。大統領選候補指名争いでは、18歳以上の全国民に無条件で1カ月千ドル(約10万4千円)を支給する「ベーシックインカム」の公約を掲げ、若者らの支持を集めた。

 ニューヨーク市は新型コロナ感染被害が米国内でも大きく、疑い例を含め2万6千人近くが死亡。失業率は約12%で全米平均のほぼ倍となっている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ