トランプ米大統領、議事堂襲撃を「明確に非難する」と表明

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は13日、下院が自身の弾劾訴追決議案を可決した直後にビデオ声明を発表し、6日にトランプ氏の支持勢力が連邦議会議事堂を襲撃・占拠した事件について「明確に非難する」と表明した。

 トランプ氏は、政治的暴力を容認する人々は「私の真の支持者ではない」と批判。政治的立場がどうであれ「暴力を正当化することは決してできない」とし、議事堂襲撃に関与した者は「法の裁きを受ける」と強く警告した。

 また、自身の支持勢力が20日、首都ワシントンで開かれるバイデン次期大統領の就任式に合わせて暴力的な抗議行動を画策しているとされることに関し、「暴力や法律違反、破壊行為をしないよう求める」と呼びかけた。

 自身の弾劾訴追に関する言及はなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ