NY市、トランプ氏企業と契約解除 議事堂襲撃受け

 米東部ニューヨーク市のデブラシオ市長は13日、トランプ米大統領の支持者による連邦議会議事堂襲撃を受け、トランプ氏一族が経営する複合企業「トランプ・オーガニゼーション」と市が結んでいる全ての契約を打ち切ると発表した。

 米メディアによると、同企業は市中心部セントラルパークのスケートリンクやメリーゴーラウンドなどを運営し、年間約1700万ドル(約17億7千万円)の売り上げがあるという。

 デブラシオ氏は米テレビのインタビューで、トランプ氏が支持者に対して議事堂襲撃を扇動したとの認識を示した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ