「30年前の自由のメッセージ共有したい」 血の日曜日で駐日リトアニア大使

 1991年1月13日に起きたソ連がリトアニアの独立運動を弾圧した「血の日曜日事件」から30年に合わせ、ゲディミナス・バルブオリス駐日リトアニア大使(50)が産経新聞にメッセージを寄せた。要旨は以下の通り。

 この日は現代リトアニア社会の集団的記憶の中で最も重要な瞬間であり、国民に団結心を刻んだ。リトアニア民族の20世紀最大の勝利だという人さえいる。リトアニア人はこの日、全欧州の自由、人間の尊厳、基本的な民主的価値を擁護しようとしたからだ。

 私個人にも実に思い出深い。当時、私はビリニュス大学の3年で、1月13日は夜通し街頭に出て、最高会議ビルを取り囲み、死守する民衆の中にいた。テレビ塔が武力による血の攻撃を受けたと聞いた後、市の中心部に集まったときの高揚感を鮮明に思い出す。

 われわれはソ連軍の軍用車両や戦車が最高会議や他の国家施設を守る人々を威嚇する力を見せつけるのを目撃した。しかし、大勢の人々が手に手を取り、人数も膨れ上がったため、ソ連当局は恐らく軍事行動を拡大できなかったのだ。こうして、あの夜、われわれの自由は国民の決意と結束で生き延びたのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ