感染者2位のインド、16日から接種開始 ワクチン大国も国内普及に“壁”

 【シンガポール=森浩】新型コロナウイルスの感染者が世界で米国に次いで2番目に多いインドで、16日からワクチン接種が始まる。人口13億のインドで大規模接種に成功すれば、新興国の新型コロナ対策の弾みともなる。ただ、国内には医療態勢の脆弱(ぜいじゃく)な地域も多く、課題は山積。インド政府は国産ワクチンの海外輸出も視野に入れるが、まずは国内での普及を成功させたい考えだ。

 「インドは2つの国産ワクチンで人類を救う」。モディ首相は9日の演説で、こう強調した。

 「2つの国産ワクチン」とは、地元製薬会社バーラト・バイオテックが開発してインド当局が3日に承認した新型コロナのワクチン「コバクシン」と、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発したワクチンだ。アストラゼネカ製も国内でライセンス契約を結んでいる地元企業が生産するため、モディ氏はともに「インド製ワクチン」と言い表した。

 インドは世界で流通する感染症ワクチンの6割を製造した実績を持つワクチン大国でもある。モディ氏は「インドは世界の薬局だ」とアピールし、輸出に力を入れる方針も示した。

 インドでは16日からワクチン接種が始まる。まずは医療従事者ら3千万人が対象で、政府はその後、50歳以上の国民らに拡大。7月までに3億人への接種を目指す。インドは国内でポリオと結核の予防接種を定期的に実施しており、政府は医薬品の供給網を活用できると説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ