民主党、トランプ大統領弾劾決議案を下院に提出 「反乱を扇動」

 【ワシントン=黒瀬悦成】米下院民主党は11日、トランプ大統領が支持者らによる連邦議会議事堂の襲撃・占拠事件を扇動したとして、トランプ氏を罷免するため弾劾訴追決議案(起訴状に相当)を提出した。トランプ氏は20日の退任を前に、任期中に2回目の弾劾訴追をされる公算が大きく、今後の政治生命を揺るがす事態となった。

 弾劾訴追決議案は、トランプ氏が昨年11月の大統領選での自身の敗北に関し「大規模な不正の結果であるとする虚偽の主張を繰り返した」と断じた。

 また、民主党のバイデン前副大統領が勝利した大統領選の結果を確定させた今月6日の上下両院合同会議の集会の直前、ホワイトハウス前で支持者らに対し「もし戦わなければ亡国につながる」などと訴えて「反乱を扇動した」とし、「在任させると国家安全保障、民主主義と憲法への脅威となる」と強調した。

 決議案では、トランプ氏が2日に南部ジョージア州の州務長官に電話をかけ、同州での選挙結果をトランプ氏勝利に覆すため「票を見つけ出すように」と要求したことも問題視した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ