CIA長官にバーンズ元国務副長官

 【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン次期米大統領は11日、中央情報局(CIA)長官に、ウィリアム・バーンズ元国務副長官を指名すると発表した。上院での指名承認を経て就任する。

 バーンズ氏は1982年に国務省に入省したキャリア外交官で、駐ロシア大使(2005~08年)などを経てオバマ前政権下で国務副長官を務めた。現在はワシントンの政策研究機関「カーネギー国際平和基金」の理事長を務める。バイデン氏は、サイバー攻撃などで米国の安全保障を脅かすロシアに詳しいバーンズ氏に米情報機関の建て直しを託したとみられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ