右派の新興SNSが停止 トランプ氏支持者ら使用

 トランプ米大統領の支持者ら右派が好んで使用していた新興の会員制交流サイト(SNS)「パーラー」が11日、停止した。米アマゾン・コムが同日、パーラーの暴力的な投稿への対応が不十分として、同社サイトの管理サービスを打ち切った。

 米グーグルと米アップルは既にアプリ市場でパーラーを削除した。パーラーのジョン・メイツ最高経営責任者(CEO)は「競争をつぶそうとする巨大ITの共同攻撃だ」と強く反発している。

 パーラーのサイトは11日、ネットワークから切断され、「このサイトにアクセスできない」と表示された。アプリも利用できなくなった。

 米メディアによると、パーラーは2018年創業。米フェイスブックや米ツイッターといった大手SNSが米大統領選対策で投稿の管理を厳格化する中、代替サービスとしてアプリ市場でダウンロード数が急増していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ