パキスタン全域で停電 火力発電所で不具合

 パキスタンのほぼ全域で9日深夜から10日にかけ停電が発生した。政府によると南部シンド州の火力発電所で起きた不具合が原因。電力供給が不安定な同国では停電は頻繁に起きるが、全域で一斉に確認されるのはまれだ。

 オマル・アユーブ電力相は10日の記者会見で、詳しい原因は調査中としたが、発電所での不具合をきっかけに各地で安全装置が働き、全域での停電につながったと説明した。

 地元メディアによると、首都イスラマバードや4州、カシミール地方の同国側実効支配地域で停電が確認された。隣国イランから送電を受ける地域などは停電しなかった。一部では給水が制限され、通信障害も起きたが、10日朝までに主要都市で復旧した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ