サウジ国王、ワクチン接種 新型コロナ

 サウジアラビアのサルマン国王(85)は8日、新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した。サウジの国営通信が伝えた。サウジは昨年12月、米製薬大手ファイザーなどが開発したワクチンの輸入と使用を承認し、接種が始まっていた。

 保健省によると、サウジの8日までの感染者数は約36万人。死者は約6300人。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ