韓国・文大統領が自画自賛の「K防疫」崩壊 感染経路不明、病床足りず 与党女性議員はマスクなしワインパーティーで炎上

 韓国が世界に自慢してきた新型コロナウイルス対策「K防疫」が窮地だ。感染者数が抑えられず、ワクチン確保も出遅れ、文在寅(ムン・ジェイン)政権への批判が強まるなか、元慰安婦支援団体出身のあの与党女性議員がマスクなしで「ワインパーティー」を開いていたことが発覚、恥の上塗りとなっている。

 韓国政府は16日、新型コロナウイルスの前日の新規感染確認者が1078人だったと発表した。今後も感染が拡大する懸念がある。

 韓国のコロナ対策といえば、これまでクレジットカードの決済情報や携帯電話の位置情報などから感染経路を特定、「ドライブスルー」など大量のPCR検査も実施してプライバシーを度外視した手法にも、文大統領は「世界の標準になった」と自画自賛し、韓国政府は広報費として1200億ウォン(約114億円)を投じたと報じられた。

 しかし朝鮮日報は「『K防疫』広報に熱を上げているうちにワクチン・病床・医療陣全て後手」との見出しで政府の対策を批判した。感染経路不明の患者が22・3%と「第3波」としては最大で、首都圏では陽性判定を受けてもベッドが足りず、580人が自宅待機している状況だという。

 さらには、韓国政府が導入を決めた英製薬大手アストラゼネカのワクチン使用の承認が遅れる可能性が出ており、文大統領もワクチン接種の具体的な時期を示すことができていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ