中国国防相「主権と海洋権益守る決意揺るがず」 尖閣めぐり強調

 【北京=西見由章】中国国防省によると、中国の魏鳳和(ぎ・ほうわ)国務委員兼国防相は14日、岸信夫防衛相とテレビ電話形式で会談し、「東シナ海と釣魚島(沖縄県石垣市・尖閣諸島の中国側名称)の問題において、中国が領土主権と海洋権益を守る決意は揺るぎない」と述べ、譲歩しない姿勢を鮮明にした。一方で「双方は大局と長期的な観点に着目し、相違を適切に処理し、東シナ海を真に平和と協力、友好の海にすべきだ」とも主張した。

 魏氏は「近年、中日の国防部門の関係は絶えず新たな進展がある」と指摘。双方が「ハイレベルのやり取りを維持し、『海空連絡メカニズム』の建設を加速し、建設的な二国間の安全関係を積極的に構築しなければならない」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ