慰安婦問題の禍根「河野談話」を破棄せよ! ベルリン像設置問題で韓国勢ロビー活動、朝日新聞にも責任 菅首相は新談話出すべきだ

 【有本香の以読制毒】

 韓国系団体が、ドイツの首都ベルリン市に建てた慰安婦像が、日本側の撤去要求に関わらず、永続的に設置される可能性が出てきた。先週は、中国の王毅国務委員兼外相に、沖縄県・尖閣諸島について一方的な領有権を主張されたばかりだが、日本政府の「外交戦・歴史戦」は、どうなっているのか。慰安婦問題に関する「河野洋平官房長官談話」を破棄しない限り、日本と日本人に計り知れない禍根が残りかねない。ジャーナリストの有本香氏が人気連載「以読制毒」で迫った。

 ◇

 「#河野談話を破棄して下さい」

 2日早朝から、こんなハッシュタグでの投稿がツイッター上に相次いだ。ドイツの首都ベルリン市ミッテ区の公有地に9月、韓国系団体が設置した慰安婦像に関し、衝撃的な決議が採択されたためだ。

 この像をめぐっては設置直後、現地日本大使館や在独邦人の方々の働きかけが奏功して、ミッテ区が設置許可を取り消していた。しかし、これを不服とした韓国系団体が、話を区議会に持ち込んだのだ。

 その後、韓国勢が得意のロビー活動を強化させ、まず「1年間限定」で像の設置が許可される事態に至る。そして1日、ミッテ区議会はついに「永続的な設置に向けた方策を見いだすよう」区側に求める決議案を採択してしまった。区の最終決定は未だわからないが、日本側の形勢が断然不利なことは確かだ。

 ちなみに、採択の結果はというと、「賛成24票、反対が5票」。左派系3党の議員が賛成、反対は少数派の保守系政党のみだった。

 決議文には、「像は戦時中の性暴力に関する議論の契機となるもの」だと記され、ここには、1993年、日本政府が慰安婦問題をめぐって謝罪を表明した、あの「河野洋平官房長官談話」が引用された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ