NATOは対中政策強化を 外相理、改革案を協議

 米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は1日、オンライン外相理事会を開き、同盟の政治的機能強化などの改革案を巡り協議した。有識者会議が協議に向けて提出した報告書は「中国の安全保障上の挑戦に、より多くの時間と政治的資源を割き、行動しなければならない」と強調。日韓などと「協議や協力を深める」ことも求めた。

 ストルテンベルグ事務総長は「NATO2030」と名付けられた同報告書について、今後も協議を深め、バイデン次期米大統領らが参加し、来年開催するNATO首脳会議での採択に向け提言を示すとしている。

 報告書は、NATOは「国際秩序の中でより大きな役割を果たす」とした上で「攻撃的なロシアや中国の台頭といった(米欧との)体制上のライバル関係の復活」に適応すべきだと指摘。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ