ペンシルベニア州もバイデン氏勝利の結果承認

 米大統領選で接戦となった東部ペンシルベニア州の当局は24日、各地区の選管による集計の報告を受け、バイデン次期大統領が勝利したとの選挙結果を正式承認した。州によると、バイデン氏は約345万8千票、トランプ大統領は約337万7千票をそれぞれ獲得した。

 トランプ陣営は、結果を認めないよう求める裁判を起こし、連邦地裁で21日に棄却され、連邦高裁に上訴していた。

 接戦だった南部ジョージア州も20日、票の再集計を経てバイデン氏勝利の結果を承認した。トランプ陣営は21日に改めて集計を申し立てたが、結果が覆る見通しはない。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ