米、コロナ抗体薬緊急許可 トランプ大統領に投与

 米食品医薬品局(FDA)は21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として、米製薬企業リジェネロン・ファーマシューティカルズが開発する抗体医薬品の緊急使用を許可した。10月に新型コロナに感染したトランプ大統領に投与され話題になった。

 12歳以上の軽症から中等症の患者で、持病があるか、高齢のため重症化するリスクが高い人が対象。入院患者と酸素補給を受けている人は対象外。モノクローナル抗体という人工的に大量作製した抗体2種類の組み合わせで、静脈注射で投与する。

 約800人が参加した臨床試験で、偽薬と比べ、重症化リスクの高い人の入院期間や救急医療の受診が減ったという。発熱や悪寒、発疹などの副作用が起きる可能性がある。

 FDAは既に、米製薬大手イーライリリーの抗体医薬品の緊急使用を許可している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ