「腹黒い」中国外相、来日のタイミング 習氏「国賓来日」画策か 翌25日には訪韓で「日米韓」分断も

 中国の王毅国務委員兼外相が24日に来日し、菅義偉首相や茂木敏充外相と会談する見通しとなった。王氏は翌25日から韓国も訪問する予定という。米大統領選で当選確実が報じられた民主党のジョー・バイデン前副大統領は「親中派」とされ、ドナルド・トランプ政権の対中強硬姿勢が維持されるのかが注目されている。軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権は狡猾(こうかつ)に、「日米韓の分断」を狙っているのか。

 菅首相の就任後、中国政府要人と対面で会うのは初めて。新型コロナウイルス対策のため制限している両国間の往来再開へ詰めの協議が行われる。日本側は、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海侵入をめぐり、対応を求める方針だ。

 中国の覇権拡大をめぐっては、日本と米国、オーストラリア、インドによる「日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)」が強化されている。王氏は10月、クアッドについて、「インド太平洋版の新たなNATOの構築を企てるものだ」と牽制(けんせい)している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ