英EUまた「崖っぷち」 FTA交渉期限 漁業、規制などで対立

 【ロンドン=板東和正】欧州連合(EU)から離脱した英国とEUによる自由貿易協定(FTA)の交渉が難航している。今月中旬が交渉期限とされてきたが、両者は英周辺海域での漁業権や各種の規制水準をめぐって折り合えずにいる。英EU間で離脱前の関係が維持される「移行期間」は今年末に終わる予定で、両者はまたもや「合意なき離脱」の崖っぷちにある。

 英側でFTA交渉を率いるフロスト首席交渉官は16日、ブリュッセルでEUとの集中協議を開始した。年末の「移行期間」終了に合わせてFTAを発効させるべく、週内に交渉をまとめられるかが注視される。FTA発効が間に合わなければ英EU間の貿易に関税が発生し、混乱と欧州経済への悪影響が不可避だ。

 好漁場として知られる英周辺海域での漁業権をめぐって協議が難航している。EUの共通漁業政策の下では、加盟国は割り当てられた漁獲上限を守れば他国の排他的経済水域(EEZ)でも漁ができる。ジョンソン政権は英周辺海域を自国で管理する意向だったが、EUは従来通り操業する権利を要求している。

 EUにすれば、同海域での操業はフランスやオランダなどの漁業関係者にとって死活問題だ。他方、英側では漁業関係者の大半がEU離脱派で、漁業をめぐる「主権」を取り戻すよう強硬に主張している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ