米大統領選 バイデン氏陣営、政権移行に本腰 トランプ氏の「不正」主張に行き詰まり感 「集計機の不正」主張も不発か

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領の陣営は13日、全米50州と首都ワシントンで結果が出そろったのを受け、政権移行に向けた作業を急ピッチで進めていく意向を表明した。一方、共和党のトランプ大統領は「選挙で不正があった」との立場を崩さないものの、東部ペンシルベニアで陣営の訴訟を担当していた法律事務所が同日、弁護を打ち切ると発表するなど、訴訟攻勢で選挙結果の逆転を目指そうとするトランプ氏の取り組みは行き詰まり感を強めている。

 バイデン氏の政権移行チーム幹部は13日、一部米メディアと行った電話記者会見で、立法作業の優先順位の設定や連邦省庁の政策方針の策定、数千人におよぶ次期政権の政治任用職員の選定を急ぐ考えを明らかにした。

 トランプ氏は政権移行の要請に応じておらず、国家情報長官から大統領に毎日提供される安全保障問題などをめぐる最高機密報告「大統領日報」(PDB)をバイデン氏に提供することも拒否している。移行チーム幹部は「脅威分析などに関する報告が提供されないことに対する懸念は日々強まっている」と訴えた。

 トランプ氏は、各州での訴訟が却下される中、12日にツイッターで、全米の多くの州で導入されているドミニオン社製の集計システムに関し「全米でトランプ票を270万票も消去したほか、43万5000票をトランプ票からバイデン票に改変した」と主張した。このツイートは、トランプ氏支持の右派系放送局OANNの報道に基づいているが、問題の報道は根拠を一切示していない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ