日本の防衛、過度に米国依存する時代終わった 過去に「新たな大国関係」容認、ライス氏が国務長官なら“甘い”対中外交も

 【米中新冷戦】

 米大統領選で、ジョー・バイデン前副大統領が勝利する可能性が高くなってきた。ドナルド・トランプ大統領は「選挙の不正」を訴えて法廷で最後まで戦う姿勢だが、バイデン氏が新大統領になったならば、世界、特に日本にいかなる影響があるかを考えてみた。

 バイデン氏は国際協調路線を重視し、トランプ氏の「米国第一」が、米国の同盟国・友好国や国連などとの不和を拡大したと非難している。そして、「同盟国とともに、世界の脅威に立ち向かう」と主張し、特にNATO(北大西洋条約機構)との同盟関係を強化するという立場だ。

 また、トランプ氏が離脱した気候変動に関するパリ協定や、イラン核合意などの国際協定への早期復帰を明言している。この国際協調に基づく政策は、日本政府の政策とも一致している。

 焦点は、対中国外交だ。

 バイデン氏は、中国を「特別な難題」と呼び、「中国に厳しい態度で臨むことが必要で、同盟国と協力しなければならない」「南シナ海における中国の軍事的挑発には屈しない」「人権および民主主義へのコミットメントを再確認する」「中国に国際ルールを守らせる」と主張するなど、中国への厳しい立場を一応表明している。

 彼の厳しい対中政策が継続することを期待したいが、副大統領時代に安倍晋三首相(当時)の靖国神社参拝を批判するなど、日本よりも中国や韓国に理解を示していた事実があり、不安感を払拭できない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ