バイデンの米国(下)黒人支持も伸ばしたトランプ氏 「一つの米国」課題

 米中西部ミネソタ州で今年5月、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件を受けて抗議デモが全米に拡大したことで、今回の大統領選では人種問題が主な争点となった。

 CNNテレビが11月7日午前、民主党のバイデン前副大統領(77)の当選確実を伝えたスタジオで、黒人男性コメンテーター、バン・ジョーンズ氏(52)は涙を流し、声を詰まらせながらこう語った。

 「ジョージ・フロイドだけではない。(トランプ政権下で)多くの人が『息ができない』というふうに感じていた。私たちはこれで平和を手に入れ、再出発できる。敗者には申し訳ないが、今日は良い日だ」

 ジョーンズ氏のコメントに、SNS(交流サイト)では共感の書き込みが殺到した。抗議デモに厳しく当たったトランプ氏と対照的に、人種差別の解消に取り組むと主張してきたバイデン氏の勝利に、黒人らマイノリティー(人種的少数派)の有権者は歓喜し、安堵(あんど)した。

 バイデン氏は7日夜、地元の東部デラウェア州での勝利宣言で黒人社会に言及し、「選挙活動がどん底だった時に、私のために立ち上がってくれた」と謝意を示した。政権移行のため設けたサイトでは、来年1月20日の就任初日から取り組む最優先施策の一つに人種差別問題を掲げ、教育や就業の機会平等に加え、拘束時の首絞め禁止など警察改革を進める方針を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ