中国、尖閣周辺水域に連続侵入 米大統領選の混乱で暴挙、領有権主張する専用サイト「中国釣魚島デジタル博物館」も開設

 米大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が勝利宣言し、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は法廷闘争を続ける構えだが、混乱に乗じた中国の暴挙が止まらない。沖縄県・尖閣諸島周辺の領海内や接続水域に中国公船が相次ぎ侵入、全国人民代表大会(全人代)は、中国海警局の外国船に対する武器の使用を認める法律の草案を発表した。さらには尖閣諸島の領有権を一方的に主張するサイトを立ち上げた。日本政府も米国だけに頼ってはいられない。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると10日朝時点で、中国公船が接続水域で1隻確認された。接続水域で確認されるのは65日連続。これで、中国公船が昨年確認された計282日を大きく超える291日となった。海上保安庁の巡視船の警告を無視して、身勝手な航行を続けている。

 4日には全人代が中国海警局の権限を定めた「海警法」案を発表した。草案には、国家主権や管轄権が外国の組織、個人に侵害されたとき、「武器の使用を含めたあらゆる必要措置」を取ることができるとの規定がある。管轄海域は、中国の内海や領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚および中国が管轄するその他の海域とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ