敗北認めないのは「恥」、バイデン氏がトランプ氏批判

 米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は10日、記者会見し、共和党のトランプ大統領が敗北を認めないことに関し「恥ずかしいことだ」と批判した。バイデン氏の政権移行チームによると、10日に英国、フランス、ドイツ、アイルランドの4カ国首脳と電話会談し、連携する考えを伝達。同盟国との関係再構築に向けた動きを本格化させた。

 バイデン氏は記者会見で、トランプ政権が政権移行の手続きを拒否していることについて「大きな影響はない」と強調し、協力がなくても政権交代に向けた準備を進められると語った。また「かつて尊敬を受けていた米国に戻ることができると自信を持っている」と語り、国際協調路線への回帰を重ねて示した。

 政権移行チームによると、欧州4カ国の首脳は電話会談で、いずれも大統領選の結果を祝福。北大西洋条約機構(NATO)を含めた米国との関係強化に意欲を示したという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ