バイデン氏、初の“外交” カナダ首相と電話会談

 米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は9日、カナダのトルドー首相と電話会談した。トルドー氏は新型コロナウイルス対策などで「緊密に連携することで一致した」とツイッターで明らかにした。3日の大統領選後、外国首脳との会談が明らかになるのは初めてで「バイデン外交」が始動した。

 バイデン、トルドー両氏は電話会談で、新型コロナや気候変動、貿易、黒人差別問題など広範な分野で意見を交わした。中国当局が国家機密を探った罪などで起訴したカナダ人2人の解放問題も取り上げた。

 韓国の康京和外相も8日から訪米。外交筋によると、康氏は滞在中、バイデン氏の関係者との接触を模索しており、各国が働き掛けを強めている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ