中国当局また隠蔽か!? 「ブルセラ菌」が蘭州で漏洩…製薬工場で昨夏3600人感染

 中国甘粛省蘭州市で昨年夏、人獣感染症「ブルセラ症」の動物用ワクチン工場から菌が漏洩(ろうえい)し、周辺住民ら約3600人が感染していたにもかかわらず、当局が隠蔽した疑惑が浮上している。妊婦が中絶を余儀なくされるなど深刻な被害が出ていたが、実態を公表していなかった。結局、新型コロナウイルスと同じ構図の可能性がある。

 ◇

 ブルセラ症の原因となる菌の漏洩実態を暴いたのは中国誌『財新週刊』。中国メディアは「共産党の喉と舌」と呼ばれ、党の宣伝機関として統制を受ける。ただ同誌は党の実力者、王岐山国家副主席と密接な関係にあるとされ、当局側の不正や失態に切り込む数少ないメディアのひとつ。

 蘭州市当局がこの問題を最初に公表したのは昨年12月下旬だ。同7~8月に国有企業傘下の工場で使用期限切れ消毒剤を使用し、ブルセラ症の原因菌が減菌されないまま空気に交じり排出。工場の風下にあった蘭州獣医研究所の職員ら203人の感染が判明したとの内容だった。蘭州市は、ブルセラ症菌が弱毒性で少量なため「人体の健康に被害は与えない」と説明した。

 だが同誌は公式発表とは異なる実態を暴いた。蘭州市は感染者を203人としていたが、実際は2月末に周辺の住民ら約2万人を対象とする一斉検査を行った結果、3000人以上の感染が確認されていたというのだ。

 同誌が直接取材した感染者40人以上のうち、20人近くは昨年夏から現在まで発熱や関節痛、疲労、睾丸炎などの類似した症状が繰り返し発生していた。

 ブルセラ症の診断は比較的難しい上、新型コロナウイルスをめぐる医療機関の混乱も重なり、確定診断を受けたのは2人だけだったという。病院をたらい回しにされるケースも多かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ