外務省の滝崎アジア大洋州局長が訪韓 29日に日韓局長級協議 徴用工問題で韓国側に解決策要求へ

 【ソウル=名村隆寛】外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長が28日、訪韓した。29日には韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と会談する。菅義偉内閣発足後、初の対面での局長級公式協議となる。

 会談では新型コロナウイルス対策での連携や、いわゆる徴用工問題について議論する見通しだ。滝崎氏は、徴用工問題で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐり、受け入れ可能な解決策を示すよう韓国側に求める。

 また、滝崎氏は北朝鮮の核問題で韓国の首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とも会談する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ