韓国与党代表の“妄言”炸裂 元徴用工問題で「接点を探していく」 日本側の譲歩を“期待”するような発言

 韓国の前首相で、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表が、妄言を炸裂(さくれつ)させた。

 21日、ソウル市内で外国メディアと記者会見し、いわゆる「元徴用工」問題について、「(日韓は)互いが守ろうとする大原則を認め合いつつ接点を探していくこと(が大事)だ」と語るなど、日本側の譲歩を期待するような発言をしたのだ。

 日韓間の請求権は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的」な解決を確認している。

 ところが、韓国最高裁などの異常判決によって、日本企業の資産が差し押さえられ、現金化の危機に直面している。

 「大原則」は先の協定であり、韓国が順守すればいいだけの話だ。日本が譲歩する「接点」ならば一切必要ない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ