中国、日本のASEAN取り込みを警戒

 【北京=西見由章】中国の習近平指導部は、日米が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の本質は対中包囲網だとして反対姿勢を鮮明に打ち出し始めた。菅義偉首相の初外遊についても「東南アジア諸国連合(ASEAN)を同構想に取り込む動きの一環」(中国人外交研究者)とみて警戒を高めている。

 中国の王毅国務委員兼外相は13日、訪問先のマレーシアで、「米国が打ち出したインド太平洋戦略」について、「『米日印豪』の4カ国によるインド太平洋版の新たな北大西洋条約機構(NATO)を構築しようとする企て」と批判した。6日に4カ国外相が東京で連携強化を確認したのを受けた発言で、北京の日中外交筋は「(日米などに)取り込まれるな、というASEAN側への牽制(けんせい)」と指摘する。

 ASEANは今年1~6月、欧州連合(EU)を抜いて中国の最大の貿易相手となった。王毅氏は菅首相に先立ち今月、マレーシアやカンボジアなど計5カ国を歴訪して影響力を誇示。「中国とASEANとの間にくさびを打ち込もうとする米政権の試みにもかかわらず、双方は貿易などの分野でより緊密に協力している」(中国政府系英字紙チャイナ・デーリー)と日米への対抗意識を隠さない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ