中国政府が新設した尖閣諸島「3D博物館」のトンデモ展示

 緑豊かな公園の中心に建つ、巨大なコンクリート建築物。中に入ると、広々としたロビーにそびえ立つ石碑が目に飛び込んでくる。そこに刻まれた文字は、「中国釣魚島(※尖閣諸島のひとつ、魚釣島の中国名)」。ロビーすぐ脇の第一展示室では、「釣魚島が中国固有の領土である証拠」とされる、明・清時代の文献が並ぶ--。

 これは、10月3日に中国政府が立ち上げた、インターネット上の「デジタル博物館」だ。

 「3Dで作成された博物館の内部をユーザーはゲームのように移動して、各部屋の展示物を自由に見て回ることができる。IT先進国だけあって、完成度は高いと感じます。このバーチャル空間には“解説員”までおり、クリックすると“尖閣は中国のものだ”とする歴史的経緯を話し始めます」(中国に詳しいジャーナリスト・西谷格氏)

 博物館内は第一展示室から第三展示室まであり、第二展示室では「日本が尖閣を盗んだ」とする“証拠文書”の数々を壁一面に展示。第三展示室では、中国政府による巡回警備の実績や、「台湾、香港、マカオや海外の同胞たちよ、ともに釣魚島を守ろう!」というスローガンも掲げられている。

 いうまでもなく、尖閣諸島は歴史的に見ても日本固有の領土。デジタル博物館内で示された文書は、釣魚島の記載がある明時代の航路図「順風相送」や、明治時代の沖縄県所属の島嶼を示した「沖縄県管内全図」などだが、尖閣問題を長く取材してきた報道写真家の山本皓一氏はこう語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ